新車ステップワゴンスパーダを試乗運転した感想

ステップワゴンスパーダは、ホンダのミニバン、ステップワゴンのスポーティバージョンです。
より精悍でワイルドなタイプが好みの方におすすめの車です。

 

2012年にマイナーチェンジを行い、フロントグリルがスマートに、アクセサリーランプがLEDになりました。
装備面では、滑りやすい路面でのスピン等を防止するVSAやヒルスタートアシストを搭載し、全席3点式シートベルトを装備しました。

 

3列目にまで3点式のシートベルトは珍しく、安全面を重視した設計になっています。
また、2列目の空間が広く、さらに3列目を出した状態でも床下収納の容量が大きいと車内空間、収納スペースともにゆったりしています。

 

試乗運転時には、ミニバン特有のふらつきが少なく、ノイズもほとんどなく静かです。
出だしの加速が力強く、スムーズであることや急なカーブでも安定感のある走りができ、さすがホンダのエンジンと褒める意見が多かったです。

 

また、大人数で乗ったときや山道でのドライブのときでもよく走るという感想が多かったです。
乗り心地は、硬めですが段差での突き上げる感じもほとんど感じられないようです。